スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横断幕の思い出話

2008.04.22.Tue.10:50
1993年に誕生した、日本のプロサッカーリーグJリーグ。
それまで、特にサッカーに興味があったわけではなかったが、これをきっかけに地元にプロサッカーチームが発足されたので、サッカーブームにのっかる形で、サッカー観戦に出かけるようになった。

就職した直後で、まだ学生時代のサークル仲間とのつながりも深かったので、その仲間としょっちゅうサッカー観戦に出かけた。

そのうちに、みんなで応援用の横断幕でもつくってみようという話になり、洋裁店で生地を購入し、レタリングをして作った。形は、手で振れるようにと結局のぼりの形にした。書いたのは、共通する好きな選手の名前。


実際にスタジアムに持っていってみると、作ったときには大きく見えたのぼりは、とても小さなもので、遠く離れて見てみると、何だかわからない存在だった。しかも、布製なので、雨にとても弱かった…。

まあそれでも、みんなで手作りしたのも楽しかったし、満足はしていたけれど、やっぱりスタジアムを囲むように飾られる、大きくて、きれいにデザインされた横断幕は圧巻だった。
グラウンドでプレイしている選手からも良く見えるだろうし、応援するファンの気持ちがよく伝わるだろう。

横断幕というと、どうもこういうスポーツチームの応援用というイメージだったが、よくファミレスなんかで、季節限定メニューを紹介して壁にかかっているタペストリーや、ビルの壁面に掲げられる大きな垂れ幕懸垂幕も、同じ仲間なのね。
イベント用ブースの店名なども、横断幕だ。

広告媒体として考えてみたら、実は頻繁に目にしているものなのだなぁ。
イベントをする人や、商売をしている人にとっては、使い方次第でとても効果的な広告になるだろう。
スポンサーサイト

ウォーターサーバー

2008.04.22.Tue.10:07
最近は、水といえば買うものという感覚が一般的だろう。

私は、外出先では、500mlのペットボトルの水をたまに購入するが、自宅用には全く水を買わない。
土地柄、水道水が飲めないほどまずくないので、水を飲みたいときには、水道水を飲んでしまっている。
でも、まずくはないものの、おいしいかと聞かれたらそうでもない。
かつては水を買う時代が来るなんて想像もしなかったし、水にお金を出すなんて!とも思っていたけれど、今は水はお金を出して買う価値のあるものだと思う。


ちょうど先日、友達と水の話題になった。
友達の家では、2リットルのペットボトルをケースでまとめ買いしているくらい、ミネラルウォーターをよく利用するそうだ。
そこで、ウォーターサーバーの購入を検討していると話していた。

私も、最近テレビやチラシで目にする、ウォーターサーバーレンタルのシステムはとても興味があった。
いつでも冷水、温水がすぐに使えるうえに、衛生的でおいしい水が常に飲めるのだ。
しかも、ボトルは回収詰め替え式だから、自宅にペットボトルのゴミが増えないで済む。
昔勤めた職場に設置してあったのだが、当時から本当にこれは便利だなと思っていた。かつては業務用のイメージがあった商品だが、最近は一般家庭へと販促活動をしている会社が多い。


あとは費用と設置場所のことがクリアできれば、ぜひ我が家にも導入したいサービスだなと思う。費用は、サーバーレンタル料、ミネラルウォーター料、電気代を合わせて考えることになる。
ウォーターサーバーの会社は複数あるので、各社のお試しキャンペーンで試して比較検討してもよいかも。


本当は、毎日水を飲む習慣をつけたほうが、体の新陳代謝にもよさそうだし。私は水を飲まなさ過ぎるのだと思う。
とはいえ、我が家にはちょっと予算オーバーですぐに設置とはいかないけれど、いずれは自宅にミネラルウォーターサーバーを設置できたらいいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。