スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近書いているネタ

2008.05.29.Thu.11:06
こちらのブログ、最近は記事投稿型広告のお題に沿ったものばかり投稿している。

正直、原稿料なんてたいしたことないので、原稿料目的だけで、がつがつ投稿しているということでもない。もしも、毎日1本投稿したとしても、たいしてまとまった額にもならないし。

ま、それでも一応原稿料目的もなくはないけれど、記事投稿型広告は、「テーマを与えられて、それに対して文章を書く」行為がおもしろいのだ。


記事投稿型広告というのは当然、"ある物事をブログで紹介する"というのが一番の目的だ。

それには、ただ自分の書きたいようにブログを書けばいいというものではなく、たいていの場合、「○○について、△△というテーマに沿って記事を書いてください。とか、○○にまつわるあなたの思い出を書いてください」という、文章について大まかなテーマが決まっている。

そして文字数はだいたい200文字以上。

さらに、文章内に必ずいれなくてはいけないリンク付キーワードがいくつか設定されている。

これって実際にやってみるとけっこう難しい。
人にすすめるということは、まず自分がその物事について知ることが大事だ。
だから、まずはリンク先になっているサイトを自分がひととおり読まなくてはいけない。

そして、それについて、条件を満たすオリジナルの内容を考える。

短すぎず、長すぎない、なおかつ条件に沿った文章ができたら自分のブログに投稿する。

というプロセスが必要なわけで、ただ書けばいいってもんじゃない。

それでもそれをやるのがおもしろいので記事投稿型広告中心に書く日々。上記のとおり、時間と労力がかかるので、時間ができたときにまとめて投稿している。

日常を書くブログは、実は別に持っているので、こっちの「主観の主張」は、記事投稿型でしばらく攻めてみようかなとちょっと思ってきた。

あと、ちょっと考えてることもあるので、また別の使い方をするかもしれないけど。
スポンサーサイト

オフィス備品注文に「アスクル」は便利。

2008.05.29.Thu.10:40
仕事の話題が続きますが。

新入社員で就職した職場では、庶務の職種についたのだけれど、そこで会社の備品を注文する立場になった。
250人の人が在籍する事務所だったので、すさまじい勢いで文房具類の消耗品がなくなっていくので、毎日在庫チェックをしつつオーダーしていた。

それをやっていると、文房具のカタログを頻繁に見ることになるのだけれど、これが楽しくて楽しくて。

単価が高いものでなければ、ファイルや筆記用具は私の一存で決定できたので、便利そうな新商品を見つけると、個人的権限で入荷させてみたりしていた。

もともとは、地元の文房具店と取引していたけれど、そこの紹介で「askul」の存在を知った。もう10年以上前の話だ。
当初は薄いカタログだったけれど、他メーカーのオフィスカタログと違い、文房具だけでなく、キッチン用品や、社内用の飲料やお菓子まで、オフィスというくくりで幅広い商品が載っているのが魅力的だった。

そういえば当時、アスクルの営業の人に「どうして『アスクル』という名前なんですか?」と尋ねたら、「"明日来る"からアスクルなんです。」とちょっと恥ずかしそうに言っていたけれど、それはとても画期的なことだった。

現に、今までの出入りしていた文房具店では在庫が抱えられず、納期まで数日を要した、200冊くらいのファイルを突然用意しなくてはならないオーダーも、アスクルのおかげで翌日すぐに揃えることができた。

さらに、アスクルオリジナルの商品は、ヘタな装飾などせず、大手文具メーカーの従来品にならう形状や色の仕様を保ち、なおかつ、大量発注による価格の安さも魅力で、フラットファイルやボールペンはアスクルオリジナル品を注文するようになった。

現在は、大都市なら明日じゃなくて、当日届くそうで、ますます便利になっている。

逆に、ちょっと特殊な商品の扱いには弱いけれど、そのことがあって地元文具店とアスクルを併用して利用している企業が多いんじゃないかと思う。


今の職場では、私に文房具を注文する権限はないけれど、この職場でも当然のように「アスクル」を利用していて、カタログはときどき眺めている。


たぶん職場で文房具を発注する担当者は、女性が多いんじゃないかと想像するが、女性はわりあい、普段から洋服や家具などの通販カタログを眺めるのが好きな人が多いと思う。
アスクルは、そのあたりの女性心理も見事に突いた商売だろうな。

ビジネスマナー

2008.05.29.Thu.10:02
ビジネスマナーというと、お客さんに対するものと、社内でのコミュニケーション上のルールの2つに分かれるだろう。

どちらにしても、相手と円滑に印象よくやりとりをするためには、ビジネスマナーはとても重要だと思っている。

学生のアルバイト時代は、それほどたいそうなことは求められず、最低限のマナーとしてあいさつと言葉遣いは教えられた。まあこれは、ビジネスというくくりに限らず、人と接するのに最低限のことだ。

社会人になると、新入社員研修でさらに詳しい接客中心のビジネスマナーの講習を受けた。

私が就職したのは地元の公益事業会社で、仕事は庶務だったにも関わらず、企業イメージはまずお客様への誠意ある対応という方針のもと、かなり厳しくマナー講習を受けた。


特に重要視されたのは電話応対。
受付や、来客窓口では、直接お客様の顔を見てのやりとりになるけれど、その職務に就いてるのれは限られた数人。
しかし、電話の場合、社員全員がお客様と直接話をする機会があった。
電話は、相手の顔が見えないだけに、言葉だけで印象が決まってしまう。
丁寧語や謙譲語の使い分けは最低限マスターすべきことで、さらに大切なのは、お客様が何を望んでいるのかを瞬時に察し、適切な対応をすることだった。

実際、電話の受け答えだけで、もともとクレームだった電話も最終的にはお褒めの言葉までいただいて円満解決することもあった。

私自身、自分が客の立場で何かの企業に問い合わせの電話をかけると、そのやりとりだけで、企業のレベルを判断してしまう。


その後は、派遣社員や契約社員などで、いくつかの会社に勤めたけれど、正社員として最初に勤めた会社で身につけたビジネスマナーはどこに行ってもおおいに役に立った。
どんな業種の会社にもビジネスマナーは不可欠だ。

最初にも書いたけれど、私が考える社会人としてのビジネスマナーというのは、相手と円滑なやりとりをするために必要なものであって、セオリーを知識として知っているのでは意味がない。
セオリーどおりでなくても、常に相手を意識した言動ができることがビジネスマナーを身につけているといえるだろう。

新入社員で知識を詰め込まれているときには、その使い道や使い方がわからないかもしれないけれど、いつか実践で必ず使うときがくるので、新入社員研修は、まじめに受けたほうがいいですヨ。
でも、団塊世代のベテランおじさんたちの方が、「ビジネスマナーを学びなおせっ!」って言いたくなる人が多かったりするのですが…

横断幕の思い出話

2008.04.22.Tue.10:50
1993年に誕生した、日本のプロサッカーリーグJリーグ。
それまで、特にサッカーに興味があったわけではなかったが、これをきっかけに地元にプロサッカーチームが発足されたので、サッカーブームにのっかる形で、サッカー観戦に出かけるようになった。

就職した直後で、まだ学生時代のサークル仲間とのつながりも深かったので、その仲間としょっちゅうサッカー観戦に出かけた。

そのうちに、みんなで応援用の横断幕でもつくってみようという話になり、洋裁店で生地を購入し、レタリングをして作った。形は、手で振れるようにと結局のぼりの形にした。書いたのは、共通する好きな選手の名前。


実際にスタジアムに持っていってみると、作ったときには大きく見えたのぼりは、とても小さなもので、遠く離れて見てみると、何だかわからない存在だった。しかも、布製なので、雨にとても弱かった…。

まあそれでも、みんなで手作りしたのも楽しかったし、満足はしていたけれど、やっぱりスタジアムを囲むように飾られる、大きくて、きれいにデザインされた横断幕は圧巻だった。
グラウンドでプレイしている選手からも良く見えるだろうし、応援するファンの気持ちがよく伝わるだろう。

横断幕というと、どうもこういうスポーツチームの応援用というイメージだったが、よくファミレスなんかで、季節限定メニューを紹介して壁にかかっているタペストリーや、ビルの壁面に掲げられる大きな垂れ幕懸垂幕も、同じ仲間なのね。
イベント用ブースの店名なども、横断幕だ。

広告媒体として考えてみたら、実は頻繁に目にしているものなのだなぁ。
イベントをする人や、商売をしている人にとっては、使い方次第でとても効果的な広告になるだろう。

一人暮らしは楽しいっ!!

2008.04.15.Tue.00:00
私は、ずっと一人暮らしにあこがれていたものの、結局地元の短大に進学し、転勤のない地元企業に就職したため、学生の一人暮らしをしそこなってしまった。

短大時代は、上京して一人暮らしをしている友達に泊めてもらうたびに、好きなインテリアで部屋を飾ったり、家族といろんなものを共有しない生活ってすごくいいなぁと一人暮らし欲が高まった。

結局、入社して3年目に、実家と職場の真ん中くらいの立地で勝手に部屋を探して来て一人暮らしを始めた。学生ではないものの、バブル崩壊後のOLの手取りなんてしれたもんなので、わりと質素な生活だった。とはいえ、自分だけの空間を持てることはとても幸せだったし、とても楽しかった。それまで料理嫌いだったのに、自分でお弁当を作るようになった。

入社して6年目の秋、あまりにも安定した職場に飽きてきたこともあり、思い切って退職。それをきっかけに上京し、吉祥寺で一人暮らしを2年した。

こちらは、実家から距離も離れ、本当に一人暮らしという感じでさらに楽しかった。
すべてが自分ひとりのものというのがいい。また、昼間風呂に入ろうが、夕方昼ご飯を食べようが、夕飯が缶ビールだけだろうが、それをうるさくとがめる人もいない。ホームシックにかかることもなく、一人暮らしは快適だった。食器ひとつをじっくり選ぶことが楽しみになった。
しいていえば、派遣社員で生活していたので、しばらく仕事の契約がきれたときには、ちよっと家賃の支払いが不安になったりしたけれど、幸いそのあたりも結果的にはうまくまわった。

ああ、そういえば、iMacを修理に出すのに苦労したなぁ。当時バカ売れしたiMacを私も持っていたのだが、壊れたときに、近くのパソコンショップまで、旅行用のキャリーで自力で運んだのだ。
イメージしていたよりも、とんでもなくハードな作業で、10分程度の道のりに30分以上かかった。最初から宅配便を使えばよかったんだけどね。
一人暮らしだと、力仕事は大変。

何にしても、私は一人暮らし推奨派。
学生でも、社会人になってからでも、絶対に一人暮らしをした方がいい。実家にいると見えないことも見えてくるし、一人の時間に他の人に邪魔されずにいろんなことを考えるし、案外親とも同居していたときよりも仲良くなったりするものです。

今は、インターネットで『学生マンション』も簡単に検索できて便利な時代。歩き回らなくても、部屋の写真や立地もわかって下調べができるのもいい。案外安くてきれいで便利なところも多いのね。いいなぁ。

実家から通うことに決めた学生さんも、バイト代が稼げそうなら、改めて一人暮らしを検討するのも手ですよ。すべて親頼りじゃ、ちょっと難しいけど。

メタボ予防とメタボ対策

2008.03.25.Tue.22:49
近年、メタボ(メタボリック シンドローム)という言葉がすっかり一般的に定着したように感じる。
それだけ関心度の高い言葉だということだろう。

今年から健康診断の項目に組み込まれることもあり、今年になって、ますますメタボリックという言葉が飛び交うようになった。診断までにメタボリック対策をしなくちゃと焦っている人も多いのではないだろうか。

私は、メタボに関してはあまり気にしていないけれど、ダイエットは気になっている。
怠惰な生活をおくっていたら、去年の春あたりから、激太りしはじめた。
毎晩の晩酌のビールと、量の多い肉中心の夕食が原因なのだと思う。それと運動不足。

昨年の6月、夏を前に、メタボ対策兼ダイエットを決意。流行のビリーズブートキャンプに入隊した。
世間的には、すぐに飽きてしまった人が大多数のようだったが、私は自分にはあっていたようで週4日ペースで11月下旬まで半年ほど続けていた。

その結果、毎日体重体組成計ではかった数値は、体重は1kg程度しか落ちなかったけれど、体脂肪率は25%から22%まで落ち、内蔵脂肪は3から2になった。

体重は変わらなくても、見た目では腹回りの肉がかなりすっきりした。
やはり運動は大事だなと思った。

が、しかし…

冬の寒さにめげて、12月からぱったりとビリー隊長に会うのをやめてしまった。またすっかり激太りまっしぐらになりそう。
幸か不幸か、先日胃腸炎を患い、そのおかげで2kgほど体重が落ちて、ちょっとましにはなったけれど。

来月あたりから、またビリー復活したいなぁ。ダイエットもそうだけど、メタボリック運動としてもビリーはちょうどいい。人によっては、ちょっとハード過ぎるだろうけど。

私よりも、旦那こそ、メタボ対策してもらいたい。妊婦みたいなお腹をしている我が家の旦那。


それにしても、あれだけ話題になったビリー、今も続けてる人は少ないのかなぁ。
はじめようかな、今さらビリー。

自宅で什器

2008.03.25.Tue.22:17
什器といえば、頭に思い浮かべるのは業務用什器だ。
私がこの什器(じゅうき)という言葉の読みと意味を知ったのは高校生のとき。

当時、駅ビルの若者向け洋服店でバイトをしていて、そこで、業務用の棚や、ハンガーラックなどのことを什器と呼ぶのだと知った。

いわゆるオフィス家具とはまた別物で、個人的には、什器という言葉では、商品陳列棚が一番に思い浮かぶ。

商品陳列棚をはじめとする店舗什器というのは、ほんとうに機能的にできていると思う。商品を目立たせるために、什器そのものは目立たぬように極力シンプルにできていて、棚板の稼働や、はめ込みの照明もスマートにおさまっている。

もしも、家にウォークインクローゼットがあったら、収納用の無粋なプラスチックボックスよりも、店舗什器を入れたらいいだろうなと思う。
常に見えるように収納したほうが、きれいにキープできるし、着たい洋服を探すのにもよさそうだし。

あと、自宅に欲しいといえば、ガラスのショーケース。
私はカエルグッズを集めるのが趣味で、家に大量のカエルがいる。それらは今はふつうに棚に並べて飾っているけれど、すぐにほこりっぽくなって、掃除がとても大変。ガラスケースなら、常にきれいだし、ちゃんとお気に入りのカエルたちを眺められるしいいよなぁと思っている。

什器類は商売用と決めつけずに、柔軟な発想で考えたら、家を新築するときになんかにいろいろと取り入れたりできそう。

車買い換えのときの騒動

2008.03.25.Tue.21:48
去年の10月、自家用車を買い替えた。
もう半年くらい、オイルが漏れ(エンジン内で燃焼?)し続けていたのと、冷却水も異常な速度で減っていたのを、だましだまし乗っていたのだ。
修理すると7,8万円はかかるといわれていたので、車検切れのタイミングまで、修理しないでやりすごした。

旦那が10月の終りに車検が切れるというので、早く次の車を探そうと思っていたのに、なんとなく後回しになってしまい、気付けば9月も後半。
あぁ、もう1ヶ月しかないと、重い腰をあげて、近くの中古車店へ。
旦那は通勤で使うが、私は休日しか使わない。車種は旦那まかせ。

結局、ワンボックスで、走行距離が少なめで、予算にあえばどれでもいいやということになった。
中古車店の担当者とそんなわけで相談。

店員「で、いつ車検が切れるんですか?」
旦那「来月末です。」
店員「ちよっと確認してみましょう。」

車検証を出してきて見ると…

車検まで、あと2週間だった。
旦那は、なぜか10月末だと思い違いしていたのだが、実際には10月11日だった。

店員「もう今すぐにでも決めないと、車検切れに納車が間に合わないですよ…」

しかし、店頭のデータでは、うまく条件にあうものがなかったので、引き続き探してもらうことにして店を出た。

その日は連休で、泊まりがけででかける予定だった。
目的地に向かう途中に、中古車店から電話が。
「条件にあいそうな車が見つかりました」とのこと。

キープしてもらうことにして、翌日帰宅後に中古車店へふたたび。
希望条件にもあっていたし、なによりもう迷っている時間はなかったので即決して契約。

手続きも大急ぎでやってもらって、なんとか車検切れの前日の夜に納車。

買った車に満足はしているものの、もっと早い時期から調べておけば、こんなにドタバタと購入することもなかったし、車種や色ももっと比較検討できたのに。

ちなみに、オイル漏れと冷却水漏れしていて走行距離が15万キロ近くいっていた、以前の車、メーカー直営の中古車店に行ったので、それでも1万円で車買取してくれたので御の字です。

買い替えた中古車は、さっそくバリバリ活躍中。西へ東へ走り回って、走行距離がぐんぐんのびております~。不具合なく、長く乗れますように。

運転免許合宿で免許取得もありだな。

2008.03.12.Wed.08:26
私が運転免許取得のために自動車学校に通ったのは、かれこれ17年も前になる。
その時は、短大生だった。

私は、短大への通学手段に原付を選んだので、先に原付免許だけを取得していた。だから、授業の合間をぬってキャンセル待ちを活用し、原付でこまめに自動車学校へ通ってきっかり1ヶ月で運転免許を取得した。
現在、週に1回程度運転しているわりには運転が下手なのだけれど、当時、教習所ではうまいとほめられていたものだ。おかげで、各段階も1発OKで通過した。

とはいえ、友達は自動車学校へ行くのに自動車学校の送迎バスしかなかったり、試験に何度も落ちる人もいて、長い人は免許取得までに半年くらいかかった人もいた。そうなるとお金がかかってくるし、通学のモチベーションも下がってくる。

当時から合宿で運転免許を取る「合宿免許」という方法はあった。しかし、あまり明るいイメージはなく、どちらかというと、高校卒業後、上京までの短期間にどうしても免許を取りたいという人が仕方なく選択するというパターンが多かった。
実際に「合宿免許」で免許をとった男友達がいるけれど、「ありゃ、女の子は無理だな~」と話していた。

しかし、今ではとっても明るく楽しい感じになっているのね。こんな、「合宿免許ネット」なんてのもあって、全国の「免許合宿」施設がすぐに探せるようになっている。
まるでホテルみたいな宿泊施設があったり、旅行気分で観光地をまわってみたりできそうで、楽しく運転免許の講習が受けられそう。
例えば、私の住んでいるところから、そこそこ近いところで探すと、サファリパークやアウトレットなどにも遊びに行けそうな富士センチュリーモータースクールとかよさそう。お誕生日には手づくりケーキプレゼントだって!本来の目的の、自動車学校ってことを忘れそうなくらい楽しそう(笑)。
どういうところにしようか迷ってしまう場合は「あなたのベスト教習スタイル」を使ってチャートチェックすれば、絞り込む目安もできる。
それに、スケジュールが決まっているから、短期集中で免許を取得したい人には、やはり「合宿免許」はちょうどよい方法だろう。

たいてい、学生が社会人になる前に自動車学校に通うパターンが多いとは思うけれど、就活が忙しくなったり、単位をとるのに必死になったりしていると、それと平行して自動車学校に通うのはけっこう大変になる。
しかも、就職してからは、まず自動車学校に通う時間はとれないと思ったほうがいい。

しかし、今の世の中身分証明書としても、運転免許を持つことは生活のうえで必須だ。
そういったことをよく考えて、自動車学校に通って免許を取得するのか、こうした「免許合宿」を活用するのか、早めに判断するのをオススメします。

派遣社員と紹介予定派遣、どちらが魅力的?

2008.02.25.Mon.23:12
私はもうかれこれ8年ほど、派遣社員と契約社員の仕事しかしていない。

もともとは新卒で就職した職場で5年半働いたのだが、その会社にいてはもう成長できないと感じたことと、上司との考え方の違いで退職を決意。
そんなやや後ろ向きな辞め方だっただけに、次はしがらみもなさそうで、自力での就活よりも手軽そうな派遣会社に登録した。

派遣会社を決めるのには正直迷ったけれど、結局友達が登録していたところに安易に決めた。正直、大手で名が知られている人材派遣会社なら、どこに決めてもそう間違いはないと思う。
インターネットを始めるのにプロバイダに迷うようなもんだ。

実際に始めた派遣の仕事はやりやすかった。履歴書は一度書けばいいし、自分が希望した条件にあった仕事のオファーが来るのであまり迷わず決められる。顔合わせも、いわゆる就職の面接とは違い、スキルはある程度派遣会社を通じて企業に伝わっているので、どちらかといえばパーソナルな人間性を確認するような要素だ。

私は、地方から都内へ出て来て派遣社員で働いていたため、正社員としての長期雇用よりも、いつでも身軽になれる形態を望んでいたので、あえて紹介予定派遣にはしなかった。

その後結婚し、地元に帰ってからは、紹介予定派遣も視野に含めて仕事を探すようになった。
たまたま、つなぎで単発派遣の仕事へ行ったところ、派遣先でいたく気に入ってもらえて、ややレアケースだがそのまま紹介予定派遣扱いにしてもらってその会社の契約社員になれた。

いまや、就職も転職も厳しい時代。自力での転職活動をした時期もあるけれど、まず書類選考を突破して面接の段階へ進むことですら困難だ。
しかも、そうやって難関をくぐり抜けて採用が決まり、いざ就職してみたら職種は希望どおりでも、職場内の雰囲気はまったく合わなくて人間関係のストレスを抱えることもある。
その点、紹介予定派遣なら、企業のニーズと派遣スタッフのスキルがマッチすれば、まずは派遣としてお互いに"お試し期間"を設けることができる。
その結果、社員として迎えてもらえれば、スタッフ側はもちろん、すでに信頼関係もできているし、社内の雰囲気にも慣れているうえに給与体系が社員扱いになる。企業も、リスクも多くコストも高い中途採用の募集を繰り返すよりも、短期間で条件にあった社員を採用できる可能性も高くメリットは大きい。
時には、自力で応募したらどう転んでも書類審査で落ちるような大企業の社員になれることもある。

契約期間さえ終了すれば、いつでも自由になれる派遣社員、長期の安定を得られる正社員を目指す紹介予定派遣、どちらにしても自分のスタイルにあった働き方を見つけられるのが人材派遣での働き方だと思う。
今私は、仕事と家庭を両立させることが一番だと考えているので、あえて紹介予定派遣ではなく、派遣社員として働き続ける道を選択している。
転職に悩んでいる方や、自分に合う仕事が見つからないと迷っているなら、まずは、人材派遣会社に登録をしてみるのをおすすめします。登録手続きは難しくないし、人材派遣会社の担当者はみんな親切に対応してくれますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。