スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ「脳速検定」を試してみた

2008.02.28.Thu.12:52
話題のブログパーツ
脳速検定





話題のブログパーツ「脳速検定」を試してみた。
この手のゲームは好き。

文字列判別、文字並べ、語句記憶の3種類の検定を各3問ずつ受けると、脳の回転数を測定してくれる。

どれも3問目にいくほど難解になるのだが、私がニガテなのは、文字列判別。文字数が多くなり、4画面をいっぺんに追うことができなくなってあたふた。

一番調子がよかったのは、語句記憶だった。

私の結果は、


脳速度 558回転

全国ランキング 5747位/36,322人

そんなに悪いほうではないのかな。自分では満足な順位。

ブログパーツの中では、なかなか凝ったタイプだと思う。
超短時間タイプではないけれど、つい何度もチャレンジしたくなってしまう。
この程度でも、「脳を使った~」という実感あり。

←私もサイドバーに設置。どうぞ今すぐお試しあれ!
(しかし、3段カラムのテンプレートの幅に合わないのが難点…)
スポンサーサイト

目指せ両利き

2008.02.01.Fri.10:48
-------------------------------------------


【PR】
右手と左手を両方使って、脳バランスをアップ!



任天堂DSソフト
利き手ではない手の動きを鍛えて『両利き』になり、
普段使っていない脳を活性化させましょう。
両利きのバランスを計るモードが収録されているので、
まずはご自分の両利きバランスをチェック!
5段階のミニゲームに挑戦し、両利きを目指して下さい!
-------------------------------------------


私は生まれたときから、左利き。ちなみに1972年生まれ。
親が言うには、哺乳瓶を必ず右手に持たせるのに、気付けば左に持ち替えている赤ちゃんだったそう。
当時は、「左利きは無作法だ」というのが一般的で、左利きの子を持ったたいていの親は、とにかく右利きに矯正させようとした。

私の親も類にもれず、私は幼稚園から習字に通うはめになった。かれこれ小学6年生になるまで通い続けた。そんなわけで、大人になった今でも、文字は右手で書いている。
他にやらされた習い事はそろばん。これはまさしく右利き用の道具だ。左利きにはとても難しいものだった。そろばん教室では、そろばんと平行して暗算も習うのだが、そろばんが一向に上達しなかったにもかかわらず、暗算だけが得意になっていった。

結局、現在私が右手でできることは、字を書くことと、ボーリング。

ボーリングは、もともと右利き用のボールを使って無理やり左手で投げていたのだが、指がうまく入らないので重い玉を選ばなくてはならないのと、どちらの手でプレイしてもボーリングは上達する気配がないことに気付いたので、右で投げるようになった。


字は右で書けても、線は左でしかかけない。線や絵を描くときには、無意識に筆記用具を左に持ち替えている。
ただし、消しゴムは左で使えるので、右手で字を書きながら、同時にそれを左手で消していくなんてことができる。

さて、このDSソフト。これは、いわゆる矯正用のものではないらしい。左右をバランスよくつかって、右脳左脳をバランスよく鍛えていこうとというのが目的。
たしかに、左右の手の動きは、右脳左脳のそれぞれと連動していると聞いたことがある。
ゲーム系で右脳を鍛えるソフトはいろいろあったけれど、"手を鍛える"のは新しい発想かも。
利き手ならいとも簡単にできることでも、反対の手では全くできないことがほとんど。

以前、『うさうさ診断』を試したら、私は”ささ女”だった。左利きで、ささ女ってどうなんでしょうね。もっとバランスよく脳を鍛えていきたいものです。
このゲームで、両利きになったら"うう女"に変化したりして。

昔みたいに、左利きは矯正すべきという概念がなくなり、両利きという概念が定着するのはよいことだなぁと思う。



【広告】
「買う市ショッピングモール」でニンテンドーDS発売中





↓ランキング登録中です。おもしろかったらクリックお願いします。
ランキングバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。